北海道函館市恵山地区の地熱発電事業への投資の写真

北海道函館市恵山地区の地熱発電事業への投資

本件は北海道函館市恵山地区の中規模地熱発電事業への投資です。当社としての地熱発電案件第一号であり、本案件を通して国内・海外の地熱案件への投資を加速したいと考えています。

投資のポイント

再生可能エネルギーの発電所の企画・開発・運営に強みをもつ株式会社レノバと、EPCに強みをもつシグマパワーホールディングス合同会社(東芝エネルギーシステムズ株式会社の100%子会社)との協働案件です。2015年に独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の地熱資源開発調査事業費助成金交付事業に初めて認定されました。当社は2019年に参画しています。現在は掘削フェーズで、2023年の売電開始を目指しています。

今後のアクション

日本は地熱資源大国ですが、地熱発電の普及は進んでおらず、本件は数少ない国内地熱発電事業への貴重な投資機会です。国内・海外を問わず、地熱案件への積極的な投資検討を進めて参ります。

Posted on 2019年3月6日